冬の体臭の対策法

TOP » 今すぐスメハラ対策!こんなときに嗅がれてます!場所&シチュエーション » 冬の体臭の対策法

冬の体臭の原因

冬の体臭の原因

1.汗の濃度が高い

透明な人間の汗ですが、じつは血液がその原料。血管に流れる血液の一部が汗腺に吸い上げられて、そこから汗が生成されます。その際、汗腺は吸い上げた血液からミネラルやアンモニアを血管に再吸収させますが、この機能が活発だと、より水に近い汗になるという仕組みです。

しかし、冬は汗を流す機会がほとんどないため、汗腺の機能が低下します。するとミネラルやアンモニアをうまく再吸収させられず、汗にこれらの成分が多く含まれることになるでしょう。刺激臭で有名なアンモニアはいやな臭いの元となる成分であり、ミネラルは皮膚上に菌を繁殖させてしまう働きを持ちます。あまり汗をかかない冬だからこそ、こうした臭い成分を多く含みやすく、体臭が強くなるのです。

2.ワキ汗が多い

冬場、日常生活のなかで汗をかく場面といえば、緊張したときや、ひやっとした出来事を体験したときではないでしょうか。冬でも運動やスポーツで汗が流れるのは、夏場の汗と同じ「温熱性発汗」と呼ばれる機能。全身から汗が出て、比較的ゆっくりと流れるタイプです。

それに対して、緊張したときに出る汗は「精神的発汗」に分類されます。ワキ汗や手汗のように、体の一部からどっと出る汗のことで、短い時間にたくさん出ることが特徴です。汗が流れるまでの時間が短いと、そのぶんアンモニアなどの成分を血管に再吸収させる暇がなく、臭い成分が含まれやすくなってしまいます。臭い成分の濃度は、汗のかき方と密接に繋がっているのです。

3.厚着による臭いの集中

冬に体臭が気になる原因は、衣服の特徴にもあります。夏場は通気性の良い衣服を着ているため、臭いが外へ流れ出やすくなりますが、冬場はそうもいきません。寒さから身を守るために生地の厚い服を着たり、何枚も重ね着をしたりすると、当然通気性が悪くなります。その結果、より臭いがこもりやすくなって、強い体臭を放つ原因となるのです。寒さをしのぐためにも厚着は欠かせませんが、同時に強烈な汗の臭いにならないような対策も必要でしょう。

4.基礎代謝の低下による影響

じつは、冬は基礎代謝が上がりやすく汗をかきやすい時期です。基礎代謝の面でいえば夏よりも高く、少し動いただけですぐに汗をかいてしまうでしょう。そのため、汗による体臭対策はより念入りに行う必要があります。

5.寒いところから暖かい部屋へ入ったときの発汗

冬の場合、「外は寒くて建物の中が暖かい」という状況が多くなります。これは、人間が汗をかきやすい環境のひとつ。人間の体は寒いところから暖かいところへ移動したとき、より汗を意識してしまいます。すると冬でも室内に入れば汗をかくことになり、上述のとおり通常よりも濃い汗が出るため臭いも発しやすくなります。「冬なのに自分が汗臭い」と考えてしまうのも、無理はありません。暑い場所から涼しい場所へ移動する夏と比べて、冬はどうしても発汗量が多くなるのです。

6.暴飲暴食による影響

会社の忘年会やお正月が続く年末年始は、ついつい食べ過ぎてしまうでしょう。普段に比べて、糖質量の高い食事やアルコールを摂取する機会が増える冬は、体に負担がかかりがちです。次第に胃腸や肝臓の機能は低下し、老廃物をうまく排出させることができなくなっていきます。

こうなると、悪臭の原因物質が体内を巡って放出されるため、当然体臭もきつくなるでしょう。体臭を改善したい場合、できるだけ脂質の多い食事は控えめにするのが鉄則です。

冬の体臭対策はコレ!

1.入浴や運動で積極的に汗をかくこと

汗をかくことの少ない冬場は、意識的に汗腺を使わないとその機能は低下していく一方です。汗自体を臭いの少ないものにするため、たくさん汗を流して汗腺を鍛えてみてください。

たとえば寒い時期なら、半身浴やサウナで汗を流すのがおすすめです。熱いお湯に短時間浸かるよりも、ぬるめのお湯に浸かってじっくりと汗を流したほうが効果的でしょう。特に冬は、浴室と脱衣所の温度差があるため、お湯が熱すぎると体に負担がかかります。温熱性発汗を促すためにも、時間をかけて汗をかくことポイントです。また、スポーツで汗を流すのもひとつの方法。無理のない範囲で、取り入れられそうなことから積極的に行ってみてください。

2.通気性の良い下着を着よう

体臭のこもりやすい冬の服装は、肌に直接触れる下着に工夫が必要かもしれません。寒い日に重宝する機能性下着は今や肌着の定番。しかし保温性を大事にする一方で、体臭がこもりやすくなってしまうこともあります。

臭いを気にするならば、冬でも通気性に優れた下着や、消臭機能のついたものを選ぶとベストです。なかには、このような機能とともに保温性も備えた下着が売られています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

3.食事にお酢を取り入れよう

食事面では、まず暴飲暴食を抑えること。その際、汗をかきやすい鍋料理や、脂っこい肉料理を避けるとより効果を実感しやすくなります。また、毎日お酢を摂取するよう心がけるのもいいでしょう。一般的には内臓脂肪を減らす効果で知られるお酢ですが、お酢に含まれるクエン酸は悪臭の撃退にも役立ちます。臭い物質を分解し、害のないものにしてくれるため、じつは体臭に困っている方こそ摂取したい成分。少しずつ食事にお酢を取り入れてみましょう。

まとめ
冬場は積極的に汗をかく生活習慣を心がけよう

  • 冬は臭いの原因となる濃い汗をかきやすい
  • 入浴や運動によって汗腺の衰えを防ごう
  • お酢を入れた食事や衣服に気を付けよう

汗をかきにくい冬は、汗腺の機能が衰えることで臭いの原因となる成分が余計に含まれてしまいます。臭い成分の濃い汗を防ぐためには、普段からたくさん汗を流して汗腺を鍛えておくことが大切です。湯船に浸かってじっくりと汗を流したり、スポーツに打ち込んで汗をかいたりと、全身で汗を流すようにしましょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング