お酒好きのためのアルコール臭対策法

TOP » 今すぐスメハラ対策!こんなときに嗅がれてます!場所&シチュエーション » 飲んだ日、または飲んだ翌日のアルコール臭

飲んだ日、または
翌日のアルコール臭

気分良く酔っぱらった飲み会の翌朝、家族に顔をしかめられた経験はありませんか? 体から放出されるアルコール臭は、飲んだ本人には気付きにくいものですが、周囲の人にとっては大迷惑。お酒のみならず、タバコやニンニク臭などもプラスされて、最悪な臭いです。そんなアルコールの臭いの特徴や改善法について考えてみましょう。

アルコール臭の原因と体臭の関係

1.アルコール分解後のアセトアルデヒドの刺激臭
飲酒した日や翌日の強烈な口臭や体臭は、摂取したアルコールを肝臓で分解した時に、アセトアルデヒドという物質になり、この臭いが口臭や体臭となって外へ出てきたものです。アセトアルデヒドは時間が経つとさらに分解されて別の物質になり、無毒となるのですが、アルコールの摂取量が多かったり、肝臓の機能が低下しているとアセトアルデヒドのまま血中に溶け出してしまいます。それが体内を巡り、汗に混ざって放出されると強烈な体臭となるわけです
2.アセトアルデヒドを分解した時の酢酸の臭い
アルコールが分解されてできたアセトアルデヒドは、さらに分解されると酢酸になります。そこからさらに分解されると水と二酸化炭素になり、体外へ排出されるわけですが、肝機能が低下していると分解が進まず、酢酸のまま血中へ流れだしてしまいます。酢酸は汗と一緒に放出され、何とも言えない酸っぱい臭いの体臭となるのです。
3.ダイエットによってアルコール臭が出る!?
アルコールのような体臭となるのは、何も酒を飲み過ぎた時だけではありません。肝臓の機能が弱っている人は、ほんの少しの飲酒だけでも、分解できなかったアセトアルデヒドなどが体臭となってしまいますし、全く飲んでいなくてもアルコール臭がするケースもあります。
また、炭水化物を極端に制限するダイエットを行っているときは、アルコール臭に似た体臭が発生することがあります。

お酒を飲んだ時のアルコール臭対策にはコレ!

1.お酒を飲む前に備えておく
飲んだ翌日の体臭を軽減するためには、摂取したアルコールをいかにして速やかに分解処理するか、という点が重要となってきます。アルコール分解が行われるのは肝臓ですから、肝臓の機能を高めるウコン、アルコール分解酵素の活性を高める柑橘系やトマトの飲み物などを摂取しておくことで、アルコールを分解する能力を高めることができます。
2.飲んだ後はアルコール分解を助ける食材を摂る
酒を飲み過ぎたと感じたら、まずは水分をできるだけ摂取すること。アルコールは利尿作用があるので、アルコールを摂取し過ぎるとすべて尿として体外に出てしまい、水分不足になってしまいます。アルコールを分解するために水分が必要ですので、お酒の後はとりあえずお水を飲みましょう。
また、リンゴやグレープフルーツ乳製品など、臭いを消しながら肝臓の機能も高める食材を摂取すると、さらに効果的です。口臭予防にガムなどを噛んで唾液の分泌を促進しておくのも忘れずに。
3.飲んだ翌朝の入浴&歯みがきは念入りに
酔っぱらった夜はそのまま寝てしまった、という人も、翌朝は入浴と歯みがきを徹底して行うこと。汗や皮脂に混ざって排出されたアルコールをしっかり洗い流しましょう。

まとめ
アルコールの分解を促すケアが重要

  • 肝臓の許容量を超えるアルコール摂取は避ける
  • アルコールの前や後に分解を促進する成分を摂取する
  • アルコールの摂取以外にもアルコール臭がする場合もある

単純にお酒を飲み過ぎてしまった場合の体臭は、肝臓でのアルコールの分解が間に合わないために体臭として出てしまっている状態。水を飲んだりして、できるだけ肝臓の機能を高めるようなケアが必要です。出てしまった臭いは、入浴や歯みがきできちんとリセット。そもそも、アルコールを飲み過ぎないことが最も重要でしょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング