体臭の原因は病院で判定してもらえる!

TOP » においのことまるわかりQ&A » 体臭の原因は病院で判定してもらえる!

医師のサポートで体臭は治る?

体臭を気にしていても、その原因に目を向けたことのない方は多いものです。臭いを改善しようにも、何が原因であるかを特定しない限り対策はとれません。自力で解決できない場合には、病院で医師による判定をもらうことも大事でしょう。ここでは、体臭のことを相談できる病院についてご紹介します。

体臭改善のサポートをしてくれるのは何科?

なかなか改善されない体臭は、まず臭いの原因を知ることが大切です。確実な方法としては、医師の診察を受けることがあるでしょう。しかし、体臭だけを専門に扱っているクリニックはなく、どこへ受診すればいいのか分からないまま放っておいている方も少なくありません。臭いについて相談したいとき、検討すべきクリニックの種類をご紹介します。

皮膚科

どの病院へ行けばいいのか迷ったときは、ひとまず「皮膚科」を選びましょう。体臭で悩む方の多くがこの科を訪れているように、気軽に受診しやすいです。

皮膚科で体臭の相談をすると、まずはどこから出ている臭いなのかを特定します。ワキの臭いがひどいという自覚症状があるならば、前もって医師に伝えておいてもいいかもしれません。診察の結果、汗が体臭の原因と分かった場合には、発汗を抑える薬を処方してもらえるでしょう。また、このときにワキガかどうかも判定します。

そのほか食事指導や、多汗症・ワキガ改善のためにボトックス治療を行うことも。これ以上の治療が必要となった際にも、信頼できる病院や医師を紹介してもらえます。

形成外科

両親がワキガの方、あるいは他院でワキガと判定された方は、形成外科で診てもらうのが良いでしょう。形成外科は手術が前提となり、本格的なワキガ治療を受けることができます。美容形成外科や美容外科でもワキガのケアについて相談できるため、行きやすいところを選んでみてください。

ただし形成外科の中でも、臭いへの専門性が低いところは、十分な診察が行われない可能性があります。また、治療内容によっては保険が適用されないケースもあり、すべて自費になることも珍しくありません。

形成外科にはこうしたリスクがあるため、受診の前には病院を下調べしておく必要があるでしょう。決して安くない金額が発生しますから、検討の際はその点を考慮してみてください。

内科

基本的に体臭の原因となっているのは、汗腺もしくは皮膚に住みついている細菌です。この場合、皮膚科や形成外科で対処可能ですが、体内の疾患が要因であれば内科を受診するのが一番の解決法になります。

たとえば、つんとするアンモニア臭が気になる方は、腎臓疾患の可能性があるでしょう。これは腎臓の機能が低下すると、うまくアンモニアを処理できず、血液中にアンモニアが混じってしまうためです。あるいは、甘酸っぱい臭いがするなら糖尿病を疑っていいかもしれません。糖尿病では、ケトン体という強い臭いを持つ物質が原因となります。

そのほか生臭い体臭は肺疾患、カビっぽい臭いは肝機能低下の恐れも。自分の体臭に少し違和感を覚えたら、内科を受診してみてください。

医師の診察を受けるメリット・デメリット

メリット

客観的に「体臭があるか」を確認できる

体臭は、客観的に判断してもらわないと分からないことがほとんど。自分には気になる体臭も、医師による診断の結果「そこまで強い臭いではない」と判明したケースも中にはあります。

医師は、患者のワキの臭いや耳垢を嗅いで判定を行い、事実のみを伝えてくれるでしょう。結果的に治療を選択しなかったとしても、自分の体臭がどれほど強いのかが分かるだけで、不安な気持ちは和らぐはずです。

治療が可能なケースもある

原因によっては、手術などの治療法をとることで体臭を改善できます。特にワキガの方は、形成外科や美容外科で施術が可能です。臭いを抑えるクリームや制汗剤とは違い、根本から臭いの原因を治すため、心から体臭に悩む方にとっては有力な選択肢と言えます。

しかし手術するとなると、必然的に費用は高額になるでしょう。そのうえ保険適用外のケースも多く、自己負担は大きくなります。中には保険が適用される病院もありますが一般的ではありません。多少高い費用を出してでも、確実に体臭を改善したいという方向けと言えるでしょう。

デメリット

そもそも医師による治療が難しいケースも

医師による治療が、すべての体臭に対応できるとは限りません。臭いの要因にはワキガ、汗腺などがありますが、場合によっては疲労や食事が引き金となっていることも。こうしたケースでは、食事内容の見直し、汗腺機能を高める汗腺トレーニングで改善されることがあります。

治療費を無駄にしないよう、前もって日常生活の中に悪習慣がないかを考えてみましょう。

治療費が高額になる可能性

医師の診察を受けるうえで最大のデメリットとなるのが、治療費の問題です。病院へ行くことは簡単ですが、通院するとなるとそれなりの費用がかかるもの。保険適用外の治療なら、高額な出費は避けられないでしょう。

費用について心配を抱いている方は、まず自分でできる体臭対策を行ってから、病院の受診を検討してみてください。

場合によってはメンタルの問題があるかも

体臭で悩み、医師に診てもらったとしても「問題ない」と判定されることがあります。患者さんからすると「なぜ?」と医師を疑いたくなるでしょう。しかし、もしかすると自臭症に陥っているのかもしれません。

自臭症とは、自分の体臭を臭いと思い込んでしまうもの。自らを臭いと強く思うあまり、他人の何気ない行動すべてを「自分の体臭のせいだ」と考えてしまいます。話しているときに相手が少し顔をそむけただけでも、深く傷ついてしまうのです。

このようにメンタル面が関わっている場合、治療を受けて臭いが改善されたとしても、問題が解決することはありません。自臭症の具合によっては、精神科を受診したほうが良いケースもあります。体臭の専門知識が豊富な医師であれば、こうしたメンタル面のサポートをしてくれることもあるため、信頼できる病院を選んで相談してみてください。

まとめ

病院での診察は自分の体臭を知る第一歩!リスクを知ったうえで受診しよう

自分の体臭に自信がない方は、病院で客観的に判定してもらうのが得策です。しかし、臭いの原因によっては、医師による診察が不要なケースもあります。

もちろん、受診・治療のおかげで臭いが気にならなくなったという喜びの声があることも事実。これらのメリット・デメリットを把握したうえで、自分に合った選択肢を見つけましょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング