いい香りと嫌な臭いの違いとは

TOP » においのことまるわかりQ&A » くさいにおいといい香りの違いとは?

くさいにおいと
いい香りの違いとは?

人間の五感の内のひとつである嗅覚は、鼻で臭い成分を感知するものです。私たちの鼻で臭いとして感知される成分は様々ありますが、不快な臭いと判断されるものと、いい香りとして認識されるものとは、どのような違いがあるのか、ご存知ですか?
このページでは、嫌な臭いといい香りとの違いについて検証してみましょう。

においは記憶や経験で判断

私たちの鼻の奥には、臭いを感じるセンサーである、嗅神経細胞があります。空気と一緒に鼻に吸い込まれた臭い成分が、この細胞にくっつくと嗅覚中枢へと信号が送られ、臭いが伝わります。ただし、嗅覚中枢へ信号が送られた段階では、いい香りなのか不快な臭いなのかの判断はなされていません。とりあえず、「臭いが来たぞ~」というお知らせだけが伝わるのです。
その後、大脳皮質へ信号が伝わって初めて、いい香りなのかイヤな臭いなのかを判断することになります。判断基準がどのあたりにあるのか、厳密なところには個人差があるそう。その人が育ってきた環境や心理状態などが大きく影響を与えるそうで、小さい頃によく嗅いだもので良い思い出と一緒に記憶されていれば、いい香りと判断することになるのではないでしょうか。同じ臭いであっても、嫌な臭いと感じる人がいれば、それほどでもないと感じる人がいたり、臭いセンサーは千差万別です。
しかし、生命に危険が及ぶような有害物質の臭い、有毒なガスなどは、危険を回避するために不快な臭いと判断するはず。多くの人に共通して嫌な臭いと判断される成分があることは確かです。

人が好むにおいとは?

多くの人が好きな香りといえば、アロマセラピーで人気の香りや、人気の香水の香りを思い浮かべます。ラベンダーなどのハーブ系の香り、バラなどのフローラル系や柑橘系の香り、石鹸やシャンプーの香りなどなど。世の中にはいい香りと分類される臭いがたくさんあります。
女性を対象としたアンケートで、男性の香りで好きなものはどんな香りかを聞いてみると、石鹸やシャンプーの香りや香水という回答が上位に入っています。しかし中には、「汗の臭い」や「体臭」という意外な答えも。嫌な臭いと判断しがちな体臭ですが、人によっては好ましいと感じる人がいるのも事実です。「好きな人の汗の臭いならOK!」という回答があるのを見ると、臭いの判断基準にはかなり個人差があることが分かります。

臭い、匂い、香り、それぞれの意味の違い

ニオイを意味する言葉には、漢字の違いを含めると数種類あります。それぞれの漢字の意味の違いや、使い方の違いを解説しましょう。

  • 不快なものを表す
    『臭い』

    臭いという漢字は、不快なものや好ましくないニオイの場合に使用します。体臭は体から発せられる不快な臭いなので、『臭い』の字が使われているわけです。

  • 好ましいものを表す『匂い』

    一般的に良いニオイとされるものや、好ましいニオイの時は『匂い』の字を使用します。「花の匂い」や「香水の匂い」など、
    多くの人が良い匂いと感じるものに使われる漢字です。

  • 良いニオイのさらに上の表現である『香り』

    好ましいニオイを表す『匂い』に似た意味ですが、さらに良いニオイだけではなく美しいといった好ましい意味が付随した時に使われるのは、『香り』という言葉です。『匂い』よりもさらに上級なイメージを付加しやすいのが『香り』でしょう。

まとめ

いい香りと嫌な臭いの判断には個人差がある

不快な臭いといい香りの違いには個人差があり、自分がさほど気にならない臭いであっても、周りの誰かの迷惑になっている可能性があります。職場の人間関係や家族、パートナーとの関係を友好に保つために、常にスメハラにならないよう意識して生活する必要があるでしょう。「自分は大丈夫」と思わずに、入浴方法や食事、生活習慣を見直してみるといいですね。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング