食物繊維の成分が便秘に効く!体臭の改善は食事から

TOP » 体臭対策に。生活習慣編 » 食事の見直し » 食物繊維の成分が便秘に効く!体臭の改善は食事から

食物繊維で腸内をキレイにして体臭改善

体臭は、便秘が原因となるケースもあります。便秘を解消するためには、いくつかの方法がありますが、食物繊維の摂取も効果的です。水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ違う役割でアプローチしてくれ腸内環境を改善します。食物繊維による体臭改善の仕組みと効率的な接種方法について紹介しましょう。

食物繊維が体臭に効くワケ

1. 体臭原因のひとつ「便秘」を改善してくれる
大腸まで運ばれてきた食べ物は、腸内細菌によって分解され、同時に臭いの元が発生します。便秘になると、この臭いの元が腸内に溜まり、臭いおならが出てしまいますが、実はそれだけでなく体臭の原因ともなっています。おならや便としてすら排出されない臭いの元は、全身を巡って、息や汗と一緒に放出されるのです。そのため、便秘の解消は体臭改善をするうえで、とても重要なことと言えます。 便秘解消で考えたいのは、腸内の状態を良くしてあげること。詰まった便をすっきりと排出してあげることが大切です。食物繊維は、腸内の動きを活発化する働きがあり、さらに便をちょうどいい硬さにしてくれるため、便をスムーズに排出してくれるのを助けてくれます。適度な摂取を続ければ、便秘が元となる体臭をなくすことができるでしょう。
2. 腸内の善玉菌を増やして悪臭の元を減らす
便秘は、悪玉菌を増やし腸内環境の悪化を引き起こす原因でもありますが、逆に言えば、腸内環境を整えれば、便秘は解消される可能性が高いということ。食物繊維には、こうした悪玉菌を除去してくれる働きが期待できるので、継続して摂取をしていれば、腸内環境を善玉菌優勢の状態へと変化させることが期待できます。 また、食物繊維は善玉菌のエサになるので、適量の摂取は善玉菌が増えるのにも役立ちます。ただし、いくら腸に良いからと一回の食事でたくさんの食物繊維を摂取するのはNGです。腸のお掃除をしてくれる食物繊維は取り過ぎるとかえって、お腹がゆるくなる原因になりかねません。 慢性的な便秘の場合は、効果が出るまでに時間がかかることもありますが、適切な摂取量を守り、継続して効果を期待することが大切です。
3. 2種類の食物繊維をバランス良く

食物繊維には種類があり、水溶性のものと不溶性のものの2種類が存在します。この2種類は、それぞれ異なる働きをしますが、どちらも便秘の改善には大切な栄養で、バランス良く摂取することが必要です。両者の違いを覚えておきましょう。


水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、その名の通り水に溶けやすく、消化されやすい食物繊維です。食物繊維というと、大腸で消化されずに掃除をしてくれるものを思い浮かべますが、水溶性食物繊維は分解・吸収されるのが特徴。分解されるとビフィズス菌をはじめとした善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えて便秘解消に役立ってくれます。 水溶性食物繊維は粘液多糖類と呼ばれ、ネバネバしているものに多く含まれています。主に納豆やオクラ、なめこなどの食材に豊富です。


不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水や体内の消化酵素では溶かすことができない、筋を持った食物繊維です。水分を吸収することで腸内に刺激を与え、腸内運動を活発にしてくれる働きを持ちます。消化はされませんが、排出時には溜まった他の未消化物を運ぶ役割を果たすため、便通の改善に欠かせません。 不溶性食物繊維はキャベツやレタスなどの葉野菜、そしてバナナといった一部の果物にも豊富です。これらの食べ物には、他にも健康・美容に良い栄養が含まれていますので、積極的に摂取すると良いでしょう。

食物繊維の効率的な摂取方法

1. 1日20gを目標に!
食物繊維は、便通の改善の他、糖質の吸収をゆるやかにしてくれる作用もあり、第六の栄養素と呼ばれることもあるほど重要な栄養分です。しかし、欧米食の普及とともに、日本人の食物繊維摂取量は減少する一方。現代の日本人には食物繊維が足りていないことが指摘されています。 1日の摂取量の目安としては、男性で20g、女性で18gとなります。男女ともに20gほど摂取すれば、十分な量になるでしょう。目に見える変化で言えば、1日に1回排便がある状態が理想的。規則的な排便がない場合は、意識的に食物繊維を摂取してみてください。
2.腸内環境を整える食材を積極的に
食物繊維は、手軽に食べられるものにもたくさん含まれています。例えば、ゴボウやきのこ、イモ類は食物繊維が豊富です。これらの食べ物からは水溶性と不溶性、どちらの食物繊維も摂取できるものもあるので、意識的にメニューに取り入れましょう。 また、海藻類は水溶性食物繊維を摂取するのに適しています。フコダインという成分が、臭いの元であるアンモニアを外へ排出してくれるため、体臭に悩む方は特におすすめです。簡単に作れる一品は、メカブ納豆。どちらも1パックずつ使って、混ぜ合わせるだけです。フコダインと乳酸菌の力で、腸内環境の改善が期待できます。
3. 動物性たんぱく質や脂肪の摂取は控えよう
便秘解消のために、食物繊維を摂取することは大事ですが、それだけでは便秘は改善されないかもしれません。もし普段から、脂っこい食事や肉料理ばかりを好んでいるならば要注意。これは、体臭の原因となるアンモニアが、動物性たんぱく質や脂を分解するときに発生するため。食事の内容を見直して、いつもより野菜を増やすだけでも体臭が改善されるかもしれません。

まとめ:原因が便秘の可能性なら食物繊維で改善

腸内環境を整えて体の中からキレイにすべし!

  • 食物繊維の成分が腸内環境を整える
  • 2種類の食物繊維を摂取してより効果的に
  • 体臭を抑えるための食生活を意識する

  • 体臭と関係している便秘には、食物繊維を摂取することが効果的。しかし、食物繊維は成分によって働きが異なります。どの食物繊維がどんな食材に多く含まれているのかを確認すると、より効果が得られるかもしれません。また、食物繊維の摂取だけではなく、普段の食事にも気をつかいましょう。野菜中心の食事やあっさりとしたメニューが、便秘、そして体臭を改善する近道です。

    体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

    体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング