体臭を軽減するための食事とは

TOP » 体臭対策に。生活習慣編 » 食事の見直し

食事と体臭の関係

体臭がきつくなる食事

1.肉や油っこい食事が体臭を呼ぶ
肉食男子は体臭が強いイメージがありますが、実際にその通り。肉のタンパク質を腸内で分解する際にアンモニアが発生してしまい、肝臓や腎臓の機能が低下していたり便秘だったりするとそのまま血中に流れてしまうそうで、息や汗の臭いにアンモニア臭が混ざってしまうのです。また、肉を消化するときは余計に体温が上ったり汗をかいたりする作用がありますし、脂質が多い食事は皮脂の分泌が増えることもあって、汗の臭いが気になってしまう結果となります。
2.消化されない乳製品が腸内で有害物質に
ヨーグルトなどの乳製品は腸内環境を整えるイメージがありますが、それは乳糖をしっかり消化できる人の場合。牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしてしまうタイプの方は、乳糖や乳脂肪分を分解する酵素が少なく、分解されない乳糖が腸内で腐敗してしまうことがあるそうです。乳脂肪は腸内の絨毛に詰まりやすいと言われ、腸内に滞ってさらに腐敗を促し有害物質を増やしてしまいます。実は乳製品は、高たんぱくで高脂肪なので、お肉を食べているのと同じように口臭や体臭の原因となってしまうことがあるのです。
3.ジャンクフードの添加物は加齢臭につながる
ファーストフードやレトルト食品には、保存や色付けのための食品添加物が多く含まれています。それらの化学物質に対して体が異物と判断して攻撃対象となってしまい、体は活性酸素を多く出して攻撃しようとします。活性酸素によって化学物質だけを攻撃できれば良いのですが、実際は自分の細胞も攻撃してしまい、細胞や血液、汗や皮脂まで体を構成する要素も酸化してしまいます。酸化した皮脂が皮膚の表面でさらに酸化し、雑菌と混ざり合うことで悪臭を放つようになります。これが世に言う加齢臭というものです。

体臭改善に効果のある食生活とは?

便秘は、体臭の元になっていることがあるため、早急に対処する必要があります。便秘を解消するには、成分の違う2種類の食物繊維がおすすめ。善玉菌のエサとなり、整腸作用のある水溶性食物繊維と、便を適度な柔らかさにしてくれる不溶性食物繊維です。これらをバランス良く摂取することで、便秘改善が期待できます。また、食生活の乱れや脂っこい食事は、余計に体臭を強くする原因。栄養バランスの良い食事を取るようにしましょう。

>>「食物繊維で腸内をキレイにして体臭改善」について詳しく見る

6.少しづつ確実に習慣を改善しましょう

今まで積み重ねてきた生活習慣を今すぐ変えることは難しいものです。特に食生活は、働いている方なら見落としがちになってしまうこともあります。

例えば、コンビニ飯を止めてみるなど、簡単なことから取り組んでいきましょう。

中でも最も簡単な方法はサプリメントです。ヨモギなどの野菜の成分はもちろん、臭いに対して有効な成分を含んでいるものもあるためおすすめです。
1日1回必ず触れる習慣がつけば、それが意識付けとなります。少しづつ生活習慣を変えていきましょう。

安くて続けやすい体臭サプリランキング>>

まとめ:食生活の見直し

腸内環境を整えて体の中からキレイにすべし!

口臭や体臭は、腸内で異常発酵する老廃物や有害物質が原因であることがほとんど。食べるものが体調や体の臭いにまで直結してしまうのです。臭いの元となるガスを発生させないよう、口に入れるものに少し意識を向けてみましょう。毎日の食事に気を付けることが難しいなら、サプリメントなどで補いつつ腸内環境を整えるのもいいですね。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング