口臭予防につながる歯みがき法とは

TOP » 体臭対策に。生活習慣編 » 歯みがきの仕方

歯みがきと口臭の関係

口臭がきつくなる歯みがき法

1.歯と歯の間など隅々まで磨けていない
口臭の原因となるのは、食べかすなどに雑菌が繁殖してできる歯垢です。歯垢は歯の間などに挟まった食べかすが24時間以上放置されると発生すると言われ、普通の歯みがきでは落とせないものもあります。デンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間もきちんと掃除しましょう。
2.歯みがき粉をつけすぎている
歯みがき粉をたっぷりつけると、たくさん泡立ってキレイに磨けているような感覚になりがち。実は泡が邪魔してきちんと磨けていない場合が多いのです。さらに、市販の歯みがき粉には研磨剤や発泡剤、合成界面活性剤などが含まれていることがあり、それらの成分で歯や舌を傷つけてしまうことも。歯みがき粉の成分をよく洗い流さないで口の中に残していると、口腔内の乾燥につながって雑菌を繁殖させることにもつながります。
3.舌に汚れが溜まっている
口臭の最も大きな原因となるのは、舌の汚れ。舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌に溜まったプラークのようなものから臭いが発生してしまうのだとか。口呼吸が多い人や、唾液の分泌量が少ないことが原因で口の中が乾燥してくると、雑菌が繁殖してしまい舌に汚れが溜まっていくそうです。

口臭改善に効果のある歯みがき法とは?

1.デンタルフロスや歯間ブラシは必須
普通に歯みがきをしただけでは、すべての歯垢を取り除くことはできません。歯の間に隠れている歯垢が臭いの原因ですから、歯みがきをする度にデンタルフロスで歯間もしっかり磨きましょう。また、自分の磨き方のクセでいつも同じ部分に磨き残しがある、という方が多いと思うので、いつもとは逆のサイドから磨き始めるなど、1本1本をきちんと磨く意識を持ってみるといいですね。
2.歯みがき粉は歯ブラシの3分の1以下の量でOK
歯ブラシの全体に歯みがき粉をつけている人は、ちょっと出しすぎ。実は、歯みがき粉の量はブラシの3分の1より少ないくらいで十分なのです。泡の量が少ない方が泡にごまかされずにきちんと磨けますし、口腔内を傷つけたり乾燥させることにもつながりません。
3.口の中を乾燥させないよう工夫を
唾液の分泌量が少ない方や、口呼吸、ストレスなどが原因で口が乾燥しがちな方は、舌や歯と歯の間で雑菌が繁殖しやすい状態になっています。乾燥が気になる方は、歯みがき後にキシリトール配合のガムを噛んだり、唾液が分泌しやすいよう工夫してみると良いでしょう。市販のキシリトールガムには甘味料が含まれていますが、歯科医院やネット通販で販売しているものは、キシリトール100%で甘味料が入っていないものがありますので、そちらがおすすめです。

まとめ:歯みがきの仕方

磨き残しと乾燥が大敵! 口腔内の雑菌を撃退しよう

歯の間の歯垢や舌表面の舌苔が口臭の原因と言われていますから、まずは歯垢を無くす歯みがき法を徹底しましょう。歯を1本1本磨く意識を持つことと、歯間ブラシを利用することが基本です。また、口内で菌が繁殖したり舌苔がついたりしないよう、ガムなどで唾液の分泌を促して乾燥対策をしっかり行うことも大切ですね。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング