体臭を抑える服の選び方とは

TOP » 体臭対策に。生活習慣編 » 体臭を抑える服の選び方とは

体臭と服の選び方

服が臭くなる原因

服が臭くなる原因

1. ポリエステルやナイロン素材

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は、繊維が非常に細く、速乾性や吸収性に優れています。しかし、これは一本一本に汚れが溜まりやすく、臭いの残りやすい素材でもあるということ。何度も着用し洗濯を繰り返すことで、落としきれなかった汚れが徐々に蓄積してしまいます。洗濯直後は良い臭いがしていても、着ているうちに汗をかくと、体の常在菌が服の汚れをエサにして繁殖し、嫌な臭いを発することもあるかもしれません。

また、汚れが落ちにくくなる性質もあるため、どうしても臭いがつきやすくなってしまいます。速乾性や吸水性に優れた服は、汗を早く乾かすため体臭予防に効果がありそうですが、化学繊維でできていることがほとんどです。同じ服ばかり着回すのではなく、何着か持っておいたほうが、臭いを防ぎやすいでしょう。

2. 通気性が悪い衣服によって汗をかく

汗の臭いが服の内側にこもってしまうのは、通気性の悪さが原因です。通気性は素材だけではなく、服の形にも左右されます。風通しの悪い服を着ると、当然臭いはこもりがちになります。また、気温が上がれば余計に汗をかいてしまうでしょう。汗が服の中で蒸れると、雑菌が繁殖し、さらなる臭いの原因になってしまうのです。しかし脇の臭いが気になる方が、脇を大きく露出した服を着ると、周囲に臭いを拡散してしまう恐れがあります。そのため適切な素材と形で、熱を放出できる服を選ぶことが望ましいです。

また、通気性の良し悪しは、肌に直接触れる下着にも関係します。風通しの悪い下着は、汗をかいたり蒸れたりする原因となるため、より体臭を強くする恐れがあります。汗の臭いが気になる方は、蒸れを減らしてくれる天然素材の下着がおすすめです。

3. 衣類にタンパク質や皮脂がこびりついてしまう

汗によってできた衣類の黄ばみは、服の臭いに直結します。黄ばみは、単に色素が付着している状態ではありません。皮脂や臭い成分となるタンパク質が含まれているため、臭いの原因となるのです。さらに時間が経つにつれて、黄ばみ汚れが繊維に定着して落ちにくくなります。しかし言い換えれば、黄ばみを十分に落とすことが、服の臭い予防につながります。衣服についた体臭を消すためには、服を丁寧に洗濯し、黄ばみ汚れを減らすことが大切です。

体臭を発生させない衣服の選び方は?

体臭を発生させない衣服の選び方は?

1. 麻や絹などの天然素材を選ぼう

体臭を抑えたい場合は、綿や絹、麻などの天然素材からできた服がおすすめです。天然素材は汗の吸収率が高いうえに、風通しにも優れています。臭いを吸収する効果も期待できるため、化学繊維と比べて体臭が気になりにくいでしょう。しかし天然素材の中でも、絹はかなり高価なので毎日着るのは難しいかもしれません。普段着として着る衣服には、綿や麻でできたものを選ぶと、経済的負担を抑えられます。天然素材の衣類を上手に取り入れて、体臭を改善してみてください。

2. 天然素材の吸湿性

風通しの良い天然素材は、吸湿性にも優れています。吸湿とは、水蒸気を取り込む性質のこと。服が水蒸気を吸収することで空気の通り道ができ、風通しと着心地の良さにつながります。そのため、天然素材の衣服は、ジメジメとした日やじんわりと汗ばむ日に最適です。汗による体臭を防ぎやすくなるでしょう。特に、綿や麻は高い吸湿性が期待でき、湿度が95%を超えるとより吸湿率が上がります。湿度の高い日こそ、天然素材の衣服が活躍しそうです。

3. 通気性の良いデザインの衣服を着よう

臭いをこもらせないためには、適度に風通しが良い服を選ぶことが重要になります。体臭の改善には、季節を問わず、なるべく通気性に優れた服を着るよう心がけましょう。たとえば夏ならば、襟ぐりの広いものや、少しゆとりのある服がおすすめです。肌に密着しすぎている服だと、汗が染みやすくなり、体臭も強くなってしまいます。

また、風の通り道もないため、熱が放出されず、汗をかきやすくなる原因になるでしょう。体臭に気づかれたくない一心で、暑い日に袖が長く、首のつまった服を着るのも逆効果です。服選びで迷ったときは、首周りから風の入るデザインのものを選ぶと、失敗しないでしょう。

4. 化学繊維の素材は毎回の手洗いを

繊維の間に汚れが溜まりやすい化学繊維は、手洗いをすることで、臭いを抑えられる可能性があります。これは、化学繊維は洗濯機で洗うだけでは汚れが落ちにくいためです。また、たくさんの衣類と一緒に洗濯してしまうと、ほかの衣類の汚れが繊維に付着する可能性もあります。きれいにするための洗濯でも、これでは逆効果になりかねません。体臭に悩む方は、化学繊維の衣類は丁寧に手洗いすることがおすすめです。

5. 汗脇パッドを使うのも効果的

脇は、体の中でも特に臭いの出やすい場所です。脇の臭いを服に移したくない場合は、汗脇パッドを活用して予防すると良いでしょう。汗脇パッドは、吸水性の高い素材でできているため、汗が直に衣類へ染みるのを防げます。臭いだけではなく、汗じみや黄ばみも抑えられるため、服をきれいに保つことができるでしょう。

汗脇パッドを使用する際は、着る服に合わせて種類を選ぶことが大事です。Yシャツのように、生地が皮膚とぴったりとくっつく衣類は、服に直接貼るタイプが良いでしょう。脇部分に少しゆとりのある服では、脇に直接貼るタイプを選んでみてください。選ぶ際には、着る服に対して汗を吸収しやすいかどうかを基準にすると、効果が感じやすくなります。

6. タンクトップはNG

暑い時期になると、タンクトップを着る方も多いのではないでしょうか。しかし、体臭を気にする人こそ、タンクトップはあまりおすすめできません。タンクトップは、袖がない分、風通しが良いという特徴がありますが、脇の臭いがきつい人には逆効果。臭いを放つ部分を露出することになるため、より体臭を強く感じさせてしまうでしょう。また汗が乾き切らないと、皮膚上で菌が繁殖し、臭いがきつくなることもあります。体臭に悩む方は、袖付きの服を選ぶのが無難です。

7. 5本指靴下でさわやかな足

靴下を履くうえでおすすめしたいのが、5本指靴下です。素足の状態よりも、靴下を履いていたほうが、汗による臭いを抑える効果が期待できます。その中でも5本指靴下は、それぞれの足の指を生地で覆うため、汗を吸収して蒸れを防いでくれます。靴下を履いた後に足が臭うのは、靴下内が蒸れて菌が繁殖しているため。普通の靴下は通気性が悪いため、どうしても臭いが漂いやすくなります。

また、化学繊維でできた靴下は、通気性が悪いため余計に蒸れやすいでしょう。臭いを気にするならば、天然素材から作られた5本指靴下がベストです。長時間靴を履くときや仕事のときは、このような靴下を利用するのも一つの方法です。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング