体臭を抑える入浴のタイミングとは

TOP » 体臭対策に。生活習慣編 » 入浴方法と体臭の関係 » 体臭を抑える入浴のタイミングとは

入浴のタイミングと体臭の関係

体臭がきつくなる入浴のタイミング

体臭がきつくなる入浴のタイミング

1.寝る直前に入浴するのはNG
体臭を気にするならば、入浴後すぐに寝るのは控えましょう。眠りに入るとき、人間の体は体温を下げようと働きます。しかし入浴直後の体は体温が高いため、急いで温度を下げようと大量の汗をかくことになってしまうのです。汗は体臭の大きな原因。寝汗を少なくするならば、寝る1時間前までには入浴を済ませておきましょう。
2.朝の入浴もなるべく避けるように
帰宅時間が遅いなどの理由で、朝に入浴する習慣がついている方は珍しくありません。一見、体臭対策には良さそうな朝の入浴ですが、かえって臭いを強くすることもあります。朝の入浴後はすぐに体を動かす必要があるため、汗をかきやすいもの。体に乳酸が蓄積されやすくなることで汗に含まれるアンモニアも増え、臭いの原因になります。

体臭改善に効果がある入浴のタイミングとは?

体臭改善に効果がある入浴のタイミングとは?

1.お風呂は断然夜に入るのがオススメ
体臭をこれ以上強くしないためには、夜に入浴する癖をつけるのが一番です。夜にお風呂へ入ると、臭い物質である乳酸が少ない状態で翌日を迎えることができます。このことからアンモニア臭が抑制され、結果的に体臭を抑えられるという仕組みです。帰宅後は早めに入浴を済ませ、就寝まであまり汗をかかないように、リラックスして過ごしましょう。
2.夜の入浴はしっかり浴槽につかって
夜に入浴する際は、浴槽につかることも忘れてはいけません。できれば、ぬるめのお湯につかって、じっくりと汗を流すようにしてみてください。臭いの強い汗は、汗腺の働きが衰えているときに発生しがち。たくさん汗をかけばそのぶん汗腺が働き、サラサラで無臭に近い汗が流れます。体臭改善では、汗の質にもこだわってみてください。
3.朝のシャワーで寝汗の臭いをオフ
それでも体臭が気になる場合は、朝にシャワーのみを浴びるのが効果的です。人間は寝ている間、どうしても寝汗をかいてしまいます。寝汗が残っていると体がベタつきやすく、臭いも取れません。軽くシャワーを浴びることで、汗が落ちて清潔な状態になり、体臭も軽減されます。ちなみに朝は、寝ている間に汗をかいたぶん、体は水分不足の状態です。湯船につかると脱水症状を起こす可能性があるので注意しましょう。

まとめ:入浴のタイミング

夜の入浴と朝のシャワーで体臭を抑制しよう

入浴は汗を落として臭いをオフできる絶好のタイミング。しかし就寝直前や朝に入浴すると、その後すぐに汗をかいてしまい、かえって体臭を強める原因となります。体臭が気になる人は、少なくとも寝る1時間前までには入浴を済ませ、朝はシャワーを浴びるようにしましょう。なんとなくお風呂に入るのではなく、ポイントを押さえた入浴法でより効果を実感できます。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング