喉の奥からくる強い臭いの原因と対策

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » 喉がくさい

がくさい

喉の奥がくさくなる原因とその理由

1.膿栓や副鼻腔炎などの疾患が原因で臭くなる

喉の奥からドブのような激しい臭いが上ってくる人は、同時に喉の奥へ何かが詰まっている感覚がある人が多いそうです。これは、膿のような鼻水が溜まる副鼻腔炎や、膿栓というできもののようなものが喉の奥にできていて、そこから発生しているケースがほとんど。副鼻腔炎や膿栓は、風邪を引いた時などに喉を細菌から守るために扁桃や副鼻腔から分泌される物質に、細菌が混ざり合って繁殖してしまうことが原因で起こるので、体調が悪い時に起こりやすいものです。風邪がきっかけで副鼻腔炎を起こし、きちんと治りきらずに慢性化してしまうと、いわゆる蓄膿症となってしまい、鼻の奥に臭い膿のような汁が常に溜まっている状態になるので、喉の奥から臭いにおいが常に上がってくることになります。

2.鼻水や痰が詰まっていて臭くなる

膿栓や副鼻腔炎はなくても、鼻水や痰が詰まっているだけで、喉から臭いを感じることがあります。風邪などの感染症を起こしている時の鼻水や痰は粘度が高くて喉にへばりつきやすく、喉でさらに細菌が繁殖すると臭いが発生してしまうのです。

3.逆流性食道炎で喉の奥から臭いが上ってくる

風邪などの細菌感染とは関係なく、常にすっぱいものが喉に上がってきている人は、逆流性食道炎を原因とする臭いの可能性があります。逆流性食道炎の場合は、食べたものの臭いが一時的に上がってくる場合もありますし、食道が炎症を起こすことによって、ずっと臭いが続く場合もあるそうです。

喉の奥のニオイ対策にはコレ!

1.耳鼻科などで診察を受け疾患を治療する

膿栓や副鼻腔炎が原因で喉が臭い場合は、病気が完治しなければいつまでも臭いは改善しません。これらの疾患は耳鼻咽喉科で治療を受けて完治することができますから、早めに受診すべき。逆流性食道炎が疑われる場合は、内科へ相談するとよいでしょう。

2.喉で菌が増えないようマメにうがいをする

喉のドブ臭さの原因は、喉の奥や鼻の奥に溜まる膿汁という鼻水と膿が混ざったようなものです。膿汁は細菌感染によってできるので、できるだけ細菌を喉へ入れないよう注意する必要があります。入ってしまった菌を洗い流すため、マメにうがいをしたり水を飲んだりすると良いですね。うがいする時は、イソジンのようなうがい薬を使うとさらに効果的です。

3.口呼吸にならないよう注意し、病気予防を

呼吸によって喉へ細菌が入り込まないよう、できるだけ口呼吸をしないで寝ている時も鼻呼吸を心がけましょう。その他にも、睡眠を十分に取って適度な運動をするなど、感染症予防も兼ねて生活習慣を改善し、免疫力を付ける工夫をしてみてもいいですね。

口臭ではなく喉の臭いなら病気を疑いましょう

歯を磨いても口が臭い場合、胃から上がってくる臭いか、蓄膿症といった病気を疑いましょう。蓄膿症の場合他の人にはわかりませんが、胃から上がってくるものは他人から指摘されることもあるので、知人や家族に協力をお願いしましょう。

こうした臭いの根本的な解決のためには、お医者さんに見てもらうことが一番です。「忙しくて医者になんか行けない!」という人には、その場しのぎの対策として消臭サプリの服用も検討しましょう。

フィトンチッドやシャンピニオンといった消臭成分が、体の中から直接臭いを取り除いてくれます。

この瞬間に嗅ぎましょう!喉の奥のニオイチェック

  • 上を向いてうがいをして息の臭いを嗅いでみる
  • 口を大きく開けて鏡で喉の奥を見てみる
  • 歯磨きをした後にコップやビニール袋へ吐き出した息を嗅いでみる

喉からくるドブのような臭いは、歯みがきをしても消えないので、歯みがき後にチェックしてみると分かります。喉に膿栓ができている場合は、口をあけて喉を見てみると白いものが見えることがあります。喉の臭いは自覚できるケースが多いようですが、心配な時は家族に口臭を嗅いでもらうなど、誰かにチェックしてもらうことも大切です。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング