頭皮の臭いや脂っぽさの撃退法

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » 頭皮が脂っぽい、くさい

頭皮が脂っぽい、くさい

頭皮がくさくなる原因とその理由

1.頭皮で分泌される過剰な皮脂が臭いの原因
人間の頭皮は髪の毛が生えていることもあって、皮脂腺や汗腺がたくさんあり、テカりやすいTゾーンの2倍もの皮脂が分泌されるそうです。ストレスやホルモンバランスの崩れなどによって、過剰に皮脂が分泌されると頭皮で皮脂が酸化し、雑菌が繁殖してしまうのです。そうなると、増えすぎた菌たちによって臭いの原因となるノネナールという成分が作り出され、頭皮から脂っぽい刺激臭が漂うようになるわけです。
2.ドロドロ皮脂が雑菌を呼ぶ
単純に皮脂の分泌量が増えるだけではなく、皮脂の質そのものにも原因があります。油っこい食事が好きな方や、添加物が多い食事、偏った食事などが続くと、皮脂の中にも脂質やアンモニアなど余計な成分が流れ出てしまうのです。アンモニアなどが混ざった皮脂は雑菌の大好物なので、ますます菌が繁殖してしまい、臭いがキツくなってしまいます。
3.活性酸素が皮脂に追い打ちをかける
不規則な生活やバランスの悪い食生活などが原因で、活性酸素が増えすぎてしまうと、体の細胞を酸化させると同時に、頭皮から分泌される皮脂の酸化もさらに進んでしまいます。酸化した皮脂は臭いの原因となりますから、頭皮から発生する脂っぽい臭いの原因となってしまいます。

頭皮のニオイ対策にはコレ!

1.油っこい食事やジャンクフードを控えよう
肉が中心の脂質が多い食事が続くと、皮脂の分泌を増やしたり皮脂に余計な成分が混ざってしまって臭いの原因となってしまいます。脂質の多い食事や添加物の多いジャンクフードなどはできるだけ避け、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
2.シャンプー&ヘアドライは適切に行おう
洗浄力が強く、必要な皮脂まで落とし過ぎるシャンプーは、頭皮を乾燥させます。すると頭皮は自らを守るために皮脂の過剰分泌を促してしまいます。さらに、髪が痛んでしまうからとドライヤーを使わずにタオルドライだけで済ませてしまうと、頭皮で菌が繁殖したり乾燥を招くこともあります。間違ったシャンプーが頭皮の過剰な皮脂や臭いの原因となることがあるので、洗浄力の強すぎないシャンプーを選び、ゴシゴシ爪を立てずに優しく頭皮を洗う習慣をつけましよう。また、シャンプーの度にきちんとドライヤーで頭皮を乾燥させることも重要です。
3.ストレスや睡眠不足をなくそう
ストレスや睡眠不足、生活の乱れによってホルモンバランスが崩れ、頭皮の皮脂の過剰分泌を促してしまうことがあります。当然ですが、分泌されすぎた皮脂は頭皮にたまり雑菌が繁殖してしまうので、臭いを放つ原因となってしまいます。睡眠不足やストレスをなくして、生活リズムを整えましょう。

手軽な体臭改善サプリメントも併用しよう

臭いに対する対策は色々ありますが、効果は人よって違います。よって保険として複数パターンの対策を同時に試すのがおすすめです。
ただ、複数実践することになるとハードルはグンと上がってしまいます。そこでオススメなのが体臭改善サプリメントの併用。ただ飲めばいいだけなので、だれでも実践が可能です。効率よく臭い対策するためにぜひ取り入れてみてください。

この瞬間に嗅ぎましょう!頭皮のニオイチェック

  • 枕の臭いを嗅ぐ
  • 頭皮を指で擦って指を嗅ぐ
  • ドライヤーを後ろから当てて嗅ぐ

自分の臭いは自分自身で気が付かないことが多く、セルフチェックが必須です。しかし、自分でチェックしても、自分の臭いに慣れてしまっていて気が付かないこともあります。家族やパートナーに嗅いでもらってチェックしてもらうのが一番の方法です。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング