セルフチェックで口臭を改善

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » 口が臭い

がくさい

口がくさくなる原因とその理由

1.歯垢や舌苔など口腔内で菌が繁殖している
歯の間に挟まっている食べかすなどに菌が繁殖したものを歯垢と言い、口臭の原因になると言われています。さらに、舌の上には白い舌苔と呼ばれるものが付着することがあり、この舌苔でも細菌が繁殖しています。この二つが口腔内で発生する口臭の主な原因とされているのです。
2.胃の不調が原因で臭いが上って来る
口臭の原因は、お口の中以外にもあることをご存知ですか? 実は嫌な臭いが胃や腸の不調からきているケースもあります。暴飲暴食を繰り返して胃が荒れ気味のとき、感染症などで急性胃炎を起こしているときや、喫煙やストレスなどが原因の慢性胃炎、胃潰瘍などの持病がある人は、口臭がひどくなりやすい傾向があるそうです。
3.唾液の分泌が不十分で口の中が乾燥している
口臭の主な原因となるのは口腔内での雑菌の繁殖ですが、口の中が乾燥していると、より菌が繁殖しやすい状況を作ってしまうそうです。唾液の分泌が少ない体質の人や、ストレスなどの原因で唾液の量が減ってしまうと、口臭が悪化することがあります。

口のニオイ対策にはコレ!

1.歯みがきとデンタルフロスの徹底!
口臭を軽減するために最も力を入れるべきなのは、やはり歯みがきです。歯の隙間や歯の根元の部分に歯垢が溜まっていると、臭いの温床となってしまいます。歯1本1本を全方位から磨く意識をもって、歯みがきすることが大切です。合わせて、歯の隙間の歯垢を取り除くために、デンタルフロスや歯間ブラシを利用するとよいでしょう。
2.食事内容や生活習慣を見直す
肉料理が好きな方や、油っこい食事が多い方、乳製品などの高たんぱくで高脂肪の食材を好む方などは、口臭や体臭が強い傾向があります。さらに、暴飲暴食が多い人、飲酒と喫煙が好きな方なども、口臭がキツくなりがち。胃腸の調子や腸内環境の悪さが口臭に直結してしまいますので、食生活をもう一度チェックして生活改善に取り組みましょう。
3.口の中が乾燥しないように対策を
寝起きなど、口の中が乾燥しているときに口臭が気になると思いませんか? お口にとって乾燥は大敵。歯垢や舌苔ができやすくなってしまい、口臭へとつながってしまいます。虫歯や歯周病を予防する意味でも、口の中をできるだけ乾燥させないケアが重要です。ガムを噛んで唾液の分泌を促したり、マメに水分を口にするように心がけると良いですね。

原因を見極めて対策を取りましょう

臭いに対する対策は色々ありますが、原因に沿って正しい行動をとらなければ意味がありません。

単純に口の中の雑菌が原因ならば、歯を磨くなどの具体的な行動で解決します。

胃や腸の不調による口臭ならば、食事の見直しはもちろんですが、より手軽にできるサプリの使用も考えましょう。飲み会などお付き合いがある人には、フィトンチッドなどの消臭成分が配合されたサプリがおすすめです。

この瞬間に嗅ぎましょう!のニオイチェック

  • 新しいビニール袋や紙袋を口と鼻にあて、口で息を吐いて鼻で吸うことを繰り返す
  • 市販の口臭チェッカーを使う
  • マスクをして口で息を吐く、鼻で吸うことを繰り返す

この他にも、コップに息を吐いて嗅いでみる方法などもあります。自分では気が付いていないこともあるので、念入りにセルフチェックすると同時に、差し支えなければ家族やパートナーにも臭いを嗅いでもらいましょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング