便臭がきつくなる原因と対処法

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » 便がくさい

便がくさい

便がくさくなる原因とその理由

1.腸内環境が悪化し有害物質が腸内に溜まっている

トイレの後の臭いが極端にキツいと家族に指摘された人、口臭や体臭から便臭のような臭いがすると感じている人は、腸内環境が悪化している可能性があります。善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れると、腸内に老廃物が溜まって便秘になってしまい有害ガスなどが発生します。これが便臭の原因となります。有害ガスや有害物質が腸から血流にのって全身に回れば、汗腺から汗として分泌され、便臭のような体臭を引き起こすことになるのです。

2.ストレス過多など生活習慣の悪化

ストレスや睡眠不足、運動不足など、生活習慣が悪化すると、体臭が増すことがあります。ストレスによって消化器官の働きが鈍くなってしまうことがあり、それが腸内環境を乱す可能性があります。また、睡眠不足や運動不足が、汗腺から有害物質入りの汗を出して臭ってしまうことも。生活習慣は体臭と密接な関係にあります。

3.内臓疾患など体のトラブルを原因とする臭い

体臭が便臭のようになっているとき、肝臓が弱っている可能性もあるそうです。それは、肝臓に臭いの原因となる有害な物質を分解したり他の物質と結合させて無臭化し、尿として排出させる解毒作用があるから。肝臓の機能が低下していると解毒作用が上手く働かず、有害ガスや有害物が分解されずに腸で再吸収され、全身に回ってしまうのです。体臭がキツくなるのは、肝臓などの疾患が原因となっていることもあるので、注意が必要です。

便臭のニオイ対策にはコレ!

1.食生活で腸内環境を整えよう

普段から便秘気味の人は要注意。腸の中に老廃物が溜まりまくって、便臭や体臭がひどくなっているかもしれません。まずは、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、腸の中をキレイにして善玉菌の活動をサポートする成分を積極的に摂取するよう、食事に気をつけるといいですね。海藻や豆類、根菜類など繊維の多い食材や、オリゴ糖が含まれている食材を意識して食べてみましょう。乳酸菌はヨーグルトが代表的ですが、体質に合わない人は味噌や納豆、漬物などの発酵食品でも効果的です。

2.ストレスや睡眠不足を解消しよう

睡眠不足やストレス過多な生活は、体臭が悪化するだけでなく体調そのものを悪化させます。睡眠を十分に取って、軽い運動でストレス発散をしてみましょう。自然と便通や体調も良くなり、体臭も気にならなくなっていくはずです。また、毎日湯船にゆっくりとつかることも、ストレス解消につながりますし、体臭を軽減する意味でもおすすめです。

3.内臓に異常がないかどうか病院を受診しよう

生活改善や入浴に気を付けても、体から便臭がすると気になる人は、肝臓などに異常がないかどうか、一度かかりつけの医師に相談してみてもよいでしょう。また、実際はそれほど体臭が強くないのに、臭いがキツいと感じてしまう自己臭恐怖症という精神疾患もあります。思い当たることがあるなら、内科や心療内科の医師を受診すると良いですね。

腸内環境改善で便臭は解決する

便の臭いは腸内環境の悪化が主な原因です。腸に老廃物がたまり、それが便として悪臭をまとって出てくるのです。便として出てくる場合はまだいいですが、放置しておくと老廃物が体内をめぐり、体臭を悪化させてしまうこともあります。

ストレスをためないように心がけ、食習慣を改善しましょう。「むしろそっちの方がストレスがたまる」という人には、手軽に始められて続けやすいサプリがおすすめ。

特にフィトンチッドといった消臭成分の入ったサプリなら、体の中に充満したにおい成分にアプローチしてくれるので、効率よく便臭の改善ができます。

この瞬間に嗅ぎましょう!便臭のニオイチェック

  • 自分が脱いだ後の下着などの臭いを嗅いでみる
  • 枕カバーや寝具の臭いを嗅いでみる

自分の臭いに慣れてしまっている場合があるので、下着の臭いを嗅ぐときはお風呂に入って鼻をリセットしてから嗅いでみると分かりやすいようです。それでも判断しにくい場合は、家族やパートナーに嗅いでもらったり、意見を求めても良いでしょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング