臭いおならの原因や改善方法とは

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » おならがくさい

おならがくさい

おならがくさくなる原因とその理由

1.腸内で悪玉菌の勢力が強いため起こる腐敗臭

私たちの腸の中には、3万種類もの細菌がいるとされ、その中には腸の中で良い働きをする善玉菌もいれば、有害なガスを出す悪玉菌、その中間の日和見菌がいます。この3者のバランスは、善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1くらいがよいと言われていますが、食事の内容やストレス、体調不良などでバランスが崩れ、悪玉菌が優勢となってしまうことも。そうなると、食べたものを上手く消化できずに腐敗させ、悪玉菌たちが異常発酵を起こして有害なガスを発生させてしまいます。それがおならとなって、お尻から出てくるわけです。

2.臭いの原因となる食材を多く取っている

おならの臭いは、食べたものをそのまま反映してしまうことがあります。例えば、硫黄分の多いニンニクや玉ネギ、ニラなどは、食べた翌日が大変なことになりますよね。牛乳や牛肉、意外なところでは、大根やキャベツ、ブロッコリーなども、臭いの原因となってしまうことがあるようです。

3.消化器官に何らかの持病がある

胃や腸に何らかの疾患がある場合も、おならの臭いとなって表れることがあるそう。胃潰瘍や大腸など、胃や腸で炎症や潰瘍が起こっていると、ガスが発生しやすくなるため、おならが出やすくなります。さらに、血液が混じることがあり、それが腸で消化されずに残ると腐敗して悪臭が発生します。

ほかにも、肝臓やすい臓、胆のうなどの病気でもおならが出やすくなる場合があるそうで、急におならが臭くなったり、出やすくなったなと感じたら要注意です。

おならのニオイ対策にはコレ!

1.食物繊維や発酵食品で善玉菌を育てよう

最近は腸内フローラという言葉が話題となっています。腸の中の細菌バランスを整えることが健康への第一歩だと考えられており、腸内環境が整えば有害なガスの発生が抑えられ、臭いおならが出にくくなるのです。

2.アルコールや臭いが強い食材は要注意!

アルコールやニンニク、ニラ、生の玉ねぎなど、硫黄分の多いものや臭いの強いものを食べ過ぎると腸で硫黄成分の多いガスが発生し、おならとなってしまいます。おならの臭いが気になるときは、それら発生源となりそうな食材やアルコールを控えるといいですね。

3.適度な運動やストレス発散を心がけよう

普段あまり運動をしない人は、腸の蠕動運動も鈍くなりがちで、便秘気味の人も多いと言われています。便秘は腸に老廃物が溜まっている状態ですから、おならのガスが一緒に溜まってしまうのです。デスクワークばかりで体を動かさない人や、寝不足やストレス過多で精神的にしんどいときも、消化器官に不調が起きやすくなるので、おならが溜まりやすく臭くなりがち。気持ちよいと感じる程度の運動をして、ストレス発散してみましょう。

腸内環境の改善が解決のカギ

おならの臭いは腸内の菌のバランスによって大きく左右されます。腸内菌は食生活を改めればかなり改善が期待できます。飲酒を控え、脂っぽいモノや臭いの強い食べ物を避けるようにしましょう。また、善玉菌を増やすには食物繊維を豊富に含んだ食べ物を摂るようにしましょう。

働いていてどうしてもそういったものを摂ることが難しい人も中にはいるかもしれません。そういった人には生活の中にサプリを取り入れてみることもおすすめです。飲むだけなので手軽に始められますし、続けやすいことがサプリのメリット。おならをはじめとした体の臭いを改善する習慣をつけることができます。

この瞬間に嗅ぎましょう!おならのニオイチェック

  • おならの臭いを嗅ぐ
  • トイレの後の臭いを嗅ぐ

おならの臭いは自分が一番分かるのでセルフチェックしやすいものです。しかし、自分の判断が不安ならば、自分が入った後のトイレが臭いかどうかを家族に聞いてみてもいいでしょう。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング