加齢臭のセルフチェック法と改善方法

TOP » 【悩み別】体臭の種類と原因 » 加齢で臭い

加齢でくさい

加齢でくさくなる原因とその理由

1.年齢を重ねると原因物質が発生しやすくなる
加齢臭を起こす原因物質は、ノネナールというもので、皮脂腺から出る脂肪酸が酸化したり、皮膚にいる雑菌によって発酵してできるそうです。この物質、年齢が高くなるほど発生しやすくなるようで、40代以降の方なら男性、女性を問わず起こる可能性があります。年齢を重ねると体内で老化を加速させる活性酸素が多くなってしまうことも、加齢臭の原因と言われています。ノネナールを原因とする臭いは、古くなった脂のような臭いが特徴で、中高年以上の男性の8割が気にしていると言われるくらい、多くの人が悩んでいる問題です。
2.生活習慣の乱れによって加齢臭が増す
ノネナールは他の種類の体臭と同じく、皮脂腺から発生する物質なので、体の中の不調が臭いに影響を与える場合があります。最も影響しやすいのは食事で、脂質の多い食事や暴飲暴食が続いている時などは、加齢臭が強く出ることが多くなるようです。
また、ノネナールは肌にこびりつきやすく落ちにくい性質があるので、普通に洗っただけでは洗い流せないことが多いそう。耳の裏や首の後ろなど、洗い残しが臭いの原因になっているケースもあります。
3.運動不足やストレスも臭いを強くする原因
運動不足によって血流が滞ったり、汗腺や皮脂腺の機能低下を起こしていると、加齢臭がキツくなることも。汗腺や皮脂腺の機能低下は、ノネナールなど臭いの原因となる物質や脂質を多く含む、ドロドロ汗や皮脂を出してしまい、強い臭いを出してしまうわけです。

加齢臭のニオイ対策にはコレ!

1.過度の飲酒や喫煙を避け、生活習慣を改めよう
年齢を重ねるにつれ、体内の活性酸素が増え、体内の細胞や血液、分泌される皮脂も酸化させてしまいます。活性酸素によって老化した皮脂臭が加齢臭なわけで、老化を加速させる活性酸素をできるだけ発生させないようにしなければなりません。
飲酒や喫煙、ストレスや睡眠不足は活性酸素を多く発生させることにつながりますし、年齢的にも生活習慣病が気になってきますから、生活改善がまずは大切です。
2.抗酸化作用のある食材をメニューに取り入れよう
活性酸素に対抗できる、アンチエイジング食材を積極的に取り入れることで、加齢臭を抑えることができます。お肉などの動物性脂肪は、加齢臭を増加させてしまいますから、できるだけお肉を減らすよう心がけ、代わりにお豆腐などの大豆製品でたんぱく質を取るようにしてみましょう。大豆は抗酸化作用のある成分が含まれていますし、お味噌や納豆など発酵した食品の場合は、発酵過程で抗酸化作用が強くなっています。さらに、発酵食品は腸内環境を整える効果もあるので、一石二鳥ですね。
3.出てしまった加齢臭はキレイに落とそう
加齢臭はお風呂に入ってゴシゴシ擦っても、簡単に落とすことはできません。むしろ、擦り過ぎて肌へダメージを与えてしまうと、かえって過剰に皮脂を分泌してしまい、臭いが増してしまうことに……。加齢臭を落すためには、肌に負担をかけずに洗える界面活性剤の入っていない石鹸などを使って、隅々まで優しく洗いましょう。さらに、消臭効果の高いミョウバンを湯船に入れてミョウバン浴をするのもおすすめ。1リットルにつき25gのミョウバンを入れる割合でお風呂に溶かしてみましょう。

加齢臭は体内から改善する

加齢臭の原因は、新陳代謝の低下によるにおい成分の滞留や活性酸素の増加です。

新陳代謝を上げるために運動をしたり、活性酸素に対抗するためにポリフェノールなどの栄養を摂るようにしましょう。

また、消臭成分のあるものを摂ることもおすすめです。栄養や消臭成分などは、食事の改善はもちろんのこと、サプリなども使用すれば、効率よく摂取できるでしょう。

この瞬間に嗅ぎましょう!加齢臭のニオイチェック

  • 耳の後ろなど皮脂の多いところをティッシュで拭って嗅いでみる
  • 脱いだ下着の臭いなどを嗅いでみる
  • 枕カバーや寝具などを嗅いでみる

加齢臭は古い油の臭い、ろうそくのような臭い、古本の臭い、などと表現されますが、自分では気が付かない場合が多いようです。お酒やたばこが好きで、頭皮のフケが多い方などは、加齢臭を発している可能性が高いのでセルフチェックで確かめてみましょう。思い切って、家族に臭くないか聞いてみてもいいですね。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング