重曹の体臭抑制効果とは

TOP » 体臭対策に。デオドラントグッズ編 » 重曹の体臭抑制効果とは

成分に注目重曹

食用もできる安全性の高い消臭剤「重曹」

重曹とは?

重曹は、化学名で「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれるものです。人間の体内にもある物質なので、安全性が高く、どのような方でも用途を問わず使えるのが利点。ふくらまし粉としてお菓子作りの材料としても使われるのが知られています。しかし、単に食べ物を作るのに使用されるのにとどまらず、お掃除でも活躍するのがすごいところ。弱アルカリ性の性質と発泡性により、掃除や洗濯用洗剤としても活用されています。身近な存在だけに、キッチンに保管されているという方も多いでしょう。

重曹の効果

重曹は、汚れを落とすだけでなく、じつは消臭効果も期待できます。特に足の臭いの対策にはバツグン。足の不快な臭いの原因である「イソ吉草酸」を他の物質に変化させてしまうのです。

その理由は、イソ吉草酸が、弱酸性の性質を持っているため。弱アルカリ性である重曹が混ざると中和反応を起こし、別の成分に変化してしまうという仕組みです。使用方法は単純で、重曹を使って足の裏を擦るだけですから、日ごろの入浴に併せて取り入れられます。

また、重曹の持つ研磨力と角質軟化力も、足の消臭に一役買ってくれます。重曹で足を洗うことで、足裏厚い角質がピーリングされていき、つるつるの足へ。この角質は臭い菌のエサとなるので、重曹ケアで除去していくことは臭い予防にもつながります。

ちなみに重曹でのケアは足裏だけでなく全身にも適用できます。この場合は、重曹入りのお湯に浸かるのがおすすめです。足の裏が知られている、酸性の臭いの元は他の箇所にもいるケースがあり、臭い対策となります。湯船に浸かるだけという手軽さもありますから、気になる方はぜひ取り入れてみましょう。

重曹のメリット

粉末状の重曹は水に溶けやすい性質があるため、衣服の消臭にも適しています。たとえばお湯に重曹を溶かし、そこに汚れた衣服を浸けおきしておくと、繊維に染み込んだ臭いが和らぎ、体臭対策に。そのまま洗濯機に入れて洗濯すれば、洗剤の泡立ちを良くする効果も期待できます。

また、制汗剤代わりとして使うこともできるのが重曹のすごいところ。使い方は脇の下など汗が気になる部分に重曹の粉末を軽くはたくだけ。重曹が汗を吸収して臭いも汗もカットできます。このように衣類や体の臭いを消臭して清潔に保てる重曹はまさに一石二鳥のアイテムでしょう。

重曹のデメリット

洗剤としても使われているように、重曹の研磨力はかなり強いもの。またアルカリ性には、肌の角質を軟らかくする効果があるため、重曹を直接皮膚につけたとき、肌の弱い人は肌荒れを起こしてしまうことがあるかもしれません。特に重曹の溶けた水や湯船に浸かったときなどに症状があらわれる場合があります。万が一、体に異常が出た場合は、すぐに使用を止めるようにしてください。

重曹を日常に。アイテム紹介

重曹は入浴剤に含まれていることもあります。たくさん汗をかいた日には、これを溶かしたお湯に浸かってスッキリしましょう。また、ボディソープでは落とし切れない体臭を予防できますので、さまざまな箇所に適用できます。特に体臭の強いワキ部分には、重曹に水を混ぜて練った「重曹パック」で念入りなケアを行うと効果的です。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング