体臭対策に。デオドラントグッズ編

TOP » 体臭対策に。デオドラントグッズ編

体臭対策に。デオドラントグッズ編

気になる口臭や体臭、加齢臭や男子臭に対抗すべく開発された、制汗スプレーや石鹸、汗拭きシート、口臭ケアタブレットなど。発生してしまった臭いを、迅速に効率よく消臭できるアイテムをピックアップしました。それぞれの特徴を解説し、正しい選び方やより効果的な使用方法もおさらいしています。

正しい制汗スプレー、
汗拭きシートの使い方講座

1.汗をかく前にスプレーするのが基本中の基本

制汗スプレーに含まれている消臭成分は、臭いの原因菌の繁殖を防ぐ作用はありますが、すでに繁殖してしまった菌を抑える能力はそれほどありません。ですから、制汗スプレーの機能を十分に発揮させるためには、汗をかく前のキレイな肌にスプレーしておくことが大切。ベストなのはお風呂上がりでサッパリした肌にスプレーする方法です。寝ている間に肌の表面で菌が繁殖することもなく、嫌な臭いとは無縁で朝を迎えられるというわけです。

2.汗をかいたら汗拭きシートで拭いてから制汗スプレーが鉄則

外出中などシャワーやお風呂に入ることができない状況で汗をかいてしまったら、まずは汗拭きシートで汗をキレイにぬぐって汚れを落としましょう。皮膚にある汗腺から分泌されたばかりの汗は、それだけでは無臭なのですが、皮膚にいる常在菌や汚れに付着している雑菌が汗と混ざり合うことで臭いが発生してしまいます。それを防ぐためにも、シートで汗と汚れをしっかり落とすことが重要なのです。
汗が分泌されてから臭いの原因となってしまうまで、1~2時間程度だと言われています。その間に汗拭きシートで拭い、制汗スプレーで雑菌の繁殖を抑制すれば、臭いのない状態が保たれるわけですね。

3.皮脂腺が多い部分を中心にスプレーすべし

汗や皮脂の汚れを汗拭きシートできれいに落としたら、制汗スプレーで雑菌の繁殖を抑えます。汗拭きシートや制汗スプレーは、特に皮脂線が多くべたつきがちな箇所を重点的に行いましょう。皮脂腺が多いとされているのは、おでこやワキの下、耳の後ろ、胸元やお腹、背中の上部などの身体の中心部分です。汗をかいた1~2時間後までに、これらの箇所を意識して拭きとってスプレーすることで、かなり臭いを軽減できると言われています。

デオドラントグッズまとめ

汗拭きシートと制汗スプレーを使って、皮膚の表面をキレイに拭き取り、制汗・消臭成分をスプレーすることで、汗による臭いの発生を抑えることができます。しかし、これはあくまでも汗が原因の臭い対策に限られます。腸内環境の悪化が原因で起こる口臭や体臭には効果がありません。口臭や汗以外が原因の体臭に悩んでいるのなら、食生活や生活習慣の改善を行い、サプリメントなどで体の中からケアする必要があるでしょう。

独自にセレクト。体臭対策デオドラントグッズ

ちまたの消臭成分PICK UP !

柿渋(かきしぶ)

古くから用いられてきた柿渋は、柿の渋み成分で柿タンニンと呼ばれるものです。防腐や抗菌などさまざまな効果があり、消臭成分としても注目される柿渋について解説します。

ミョウバン

クレオパトラも愛用していたデオドラント成分、ミョウバンについて紹介しましょう。ミョウバンはミネラルと金属が硫酸塩という形で結合したもので、高い殺菌力があります。

緑茶

アジアで広く親しまれているお茶の中でも、緑茶に含まれる茶カテキンに注目。抗酸化力や抗菌力が高い茶カテキンについて紹介します。

昔から人々の暮らしに活用されてきた炭は、消臭機能に優れたグッズとしてさまざまなところで使われています。多孔質という構造を持つ天然の脱臭剤、炭の力は体臭の改善にも活かせます。

重曹

食用としても使われる重曹は、人体に安全でしっかり臭いにもアプローチする物質です。特に酸性の臭い成分には、強い効果が期待できます。消臭成分、重曹について詳しく紹介します。

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング

体臭は身体の中から改善。体内の悪臭対策に!体臭改善サプリランキング